「白樺の木は、わたしに かごを編むことを、教えてくれた。」

juli

 

juli/ユーリ。それは、森と湖の国の言葉で7月、julyのこと。

そして、わたしの名もユーリ。7月生まれ。同じく7月生まれの女の子の母。

故郷は、涙のしずくのカタチをした島の海辺。

1995年の夏、ユーリの月のこと。北極圏の地で、白樺の木に巡り逢いました。

以来、毎年夏に白樺の木からその樹皮をいただいて、「白樺かご」という名のかごを編み重ねています。

幾重にも。

白樺の木は、わたしにかごを編むことを、教えてくれました。

 

 

白樺かごを幾重にも編み重ねてゆくこと。それは、わたしにとって、生きることそのもの。

友や家族と気持ちを幾重にも重ね合うことと同じ。

笑ったり、泣いたりしながら、夢に向かって、ちいさな一歩一歩を歩き続けることと同じに。

夢は、北海道の白樺かごの物語を、100年先の未来へ伝えていくこと。

それが、精一杯のわたしの情熱です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now